株について説明している男性

株についての
情報を発信!

株1グランプリの予想情報以外にも、株についての詳しい情報を発信しています。
投資を初めたばかりの方にも丁寧に解説していますので、ご安心ください。

投資をしていて他人がどの銘柄を購入するのかを気にしたり、投資家同士が競い合っている姿を見てモチベーションを上げてみたいと思うかも知れません。そんな時は、夕刊フジが主催している株1グランプリがおすすめです。

今回は株1グランプリについて、その仕組みや歴代優勝者などを詳しく紹介します。加えて、2021年の株1グランプリで誰が優勝するのかを予想します。

株1グランプリとは

ランキング

株1グランプリとは、夕刊フジが主催している人気企画です。毎週月曜日に夕刊フジの紙面にて掲載していて、電子版でも見ることができます。毎月5人の著名な投資家がこれぞという銘柄を3つ選び、その月の第1月曜日の始値から月末までのザラバまでの期間で、選んだ3銘柄の合計上昇率を競います。

ただし選択できる銘柄は時価総額が100億円以上のものに限られます。途中で銘柄を変更することもできますが、その場合は除外した銘柄のそれまでの上昇率はカウントされません。

選ばれる投資家は、ラジオ番組で冠番組を持っていたり、本を多数出版したりするなど、どの人も実力者ばかりです。

株1グランプリは1月から10月までは毎月優勝者を決めます。優勝賞金は3万円です。

11月には各月の優勝者が集まり年末のグランドチャンピオン大会の予選を行います。そして12月にはそのグランドチャンピオン大会が行われ、年間王者を決めます。

優勝賞金は10万円です。1年を通しての戦いですので、常に目が離せません。また紙面にはプロの投資家がなぜその銘柄を薦めるのかについて、社会状況や相場状況を踏まえて丁寧に解説しています。紙面を毎週読み込むことで自然と投資の知識が身につきます。

過去のグランプリ優勝者

グランプリ

次に株1グランプリのグランドチャンピオン大会の歴代優勝者を紹介します。

2011年・2012年・2013年の優勝者は機関投資家出身の西村剛さん。3連覇を達成しているのは西村さんだけで、統計データを上手に活用したトレード手法に定評があります。

2014年・2016年・2017年の優勝者はファイナンシャルプランナーの結城はるみ(旧性:向後はるみ)さん。2015年・2018年では準優勝しており常に安定した成績を残しています。ラジオのMCや本も多数出版されており、美人投資家として有名です。

2015年の優勝者は投資アナリストの藤井英敏さん。短期急騰銘柄の発掘を得意としていて、雑誌の連載を多数持っています。独特の辛口コメントも人気の秘訣です。

2018年・2019年の優勝者は経済ジャーナリストの雨宮京子さん。かつては1日で100億円を動かしていた元カリスマ証券レディで、複数のメディア媒体で活躍しています。

2020年の優勝者は吉田沙織さん。並み居る強豪を押しのけて、いきなりグランドチャンピオン大会を優勝した新星で、YouTubeなどで市況放送を担当しています。

他にも、グランドチャンピオン大会の優勝経験はありませんが、月大会では何度も優勝されている元公務員投資家の東条駿介さんや、マネジングディレクターの長谷川伸一さんもいます。

2021年の株1グランプリ予想

メダル

2021年は日経平均株価が一時3万円を超えるなど、相場は全体的に上がっています。ただし社会情勢もあって乱高下が激しく、プロの投資家でも悪戦苦闘しています。その中で2021年の年末に行われる株1グランプリのグランドチャンピオン大会で誰が優勝するかを予想します。

まず優勝候補の筆頭株として、株1グランプリの2月大会で優勝した投資ライターの明石圭さんの名前を挙げます。明石さんは3銘柄の合計上昇率が2倍になる、通称2倍高を決めて優勝しました。

相場が全体的に上向きの時期でもありましたが、それでも1カ月で2倍高を決めるのは簡単なことではありません。グランドチャンピオン大会での活躍は間違いないでしょう。

7月大会を優勝した学生投資連合USICの都築金龍さんにも注目しています。ベテランの明石さんとは対照的に、都築さんは現役の大学生です。年初来安値に接近した難しい市況を見事乗り切った手腕は紛れもなく本物です。

若さと実力を兼ね備えた都築さんから目が離せません。また毎年安定した活躍を見せる結城はるみさんにも期待しています。

グランドチャンピオン大会に出場すれば必ず爪痕を残してくれる結城さんには、否が応でも注目してしまいます。他にも株YouTuberの「かつを」さんなど、色々な業種から続々新人が参加していて、白熱した戦いが見られそうです。

まとめ

夕刊フジを購読することで株1グランプリの経過を随時確認することができます。毎週繰り広げられる熱い戦いに興奮すると同時に、銘柄の選び方も身につきます。

また読者でもはがきで応募することで、「チャレンジャー」としてプロの投資家と競い合うことが可能です。賞金3万円もついてきます。腕に覚えがある方は、ぜひ参加してみて下さい。